そもそもオフショア開発って何?

オフショア開発って何?

オフショア開発といえば人口が多い、つまりエンジニアも多い中国や、理数系に強いインドなども挙げられます。 では何故そんな中ベトナムがおすすめなのでしょうか? コスト?クオリティ?日本との親和性? 今回はオフショア開発にベトナムをおすすめする理由をご紹介します。

オフショア開発って何?

オフショア開発とは、海外にある子会社や企業に委託してシステムやアプリなどの開発を行うことです。 人件費が安く、労働人口の多いベトナムや中国に委託することで、IT開発のコスト削減を期待できます。

何故オフショア開発が注目されているのか?

現代の日本では、ITの需要が急速に高まっているのに対してエンジニアの供給が不足しています。IT教育などの人件費も高く、日本国内では大きなコストが問題となっています。 インターネットの普及により、中小企業でも世界進出できるようになったこともあり、今は海外にIT開発を委託することでコストを抑えて供給することができるようになるのです。

オフショア開発のメリット

メリット

コスト削減

オフショア開発を採用する最重要なメリットがコストの削減です。 海外の人件費は日本よりも安価であり、多くのエンジニアを雇うのならば日本国内で考えるよりも海外に委託した方がコストを抑えることができます。

優秀なエンジニアを確保できる

現在、特にアジアの新興国ではエンジニアを育成しようという意識が高く、若くて優秀なエンジニアが増えています。 日本国内だけだとITの需要に対してエンジニアの数が足りていません。しかし、必要な分のエンジニアを海外で確保することができます。

オフショア開発のデメリット

物理的な距離

オフショア開発は海外への委託になるので、当然物理的な距離が発生します。 現地で直接打ち合わせをすることが難しく、時差もあるため進捗状況の確認にもタイムラグが発生します。 ベトナムなどは時差が小さい国への委託ならば、比較的このデメリットを緩和できるでしょう。

コミュニケーションのズレ

言語や習慣の違いによるコミュニケーションのズレが痛い部分があります。 例えば日本では多くの人達が残業をして仕事を終えようとしますが、海外ではほとんど残業する習慣がなく、進捗が想定と変わってくる場合があるでしょう。 曖昧な言葉も通じないことがあります。 日本のやり方ばかりを押し付けるのではなく、国同士の違いを理解して具体的な説明・相談をしましょう。

オフショア開発で成功するポイント

ポイント

意思疎通できる人を配置する

日本と海外の企業間にブリッジとなる人材を配置しましょう。 開発内容や技術、また日本と現地の言語や文化に詳しい人を配置することがベストです。 双方と意思疎通できる人がいることは、コミュニケーションを円滑にし開発をスムーズに進める上での重要なポイントです。

開発の仕様をしっかりと確認する

開発の当初から仕様を具体的に理解できているか確認しましょう。もちろん「なんとなくいい感じにしておいてよ」などは伝わりません。 日本と海外の習慣の違いとして、クオリティに対する意識なども挙げられます。 仕様を明確に伝えることで、無駄な開発費用がかかった、ということがないようにしましょう。

これからのITはオフショア開発!

現代社会になくてははらないITは高い水準のものを求められていますが、日本国内だけで開発を行うにはコストがかかり難しいという現状です。 そこで海外に目を向けると、日本に負けていない、もしくはよりハイレベルな技術も期待できる企業もあるのです。 コミュニケーションなどの課題に対応しつつ、オフショア開発でIT技術を成長させましょう!

投稿者プロフィール

Lien
Lien
エンジニアになるため大学でITシステムの関連を勉強しているベトナムのホーチミン出身「リエン」です。
オフショア開発やベトナムの魅力をお伝えできるよう、がんばります!

ABOUTこの記事をかいた人

エンジニアになるため大学でITシステムの関連を勉強しているベトナムのホーチミン出身「リエン」です。 オフショア開発やベトナムの魅力をお伝えできるよう、がんばります!